>

パートナーを見つける

シェアパートナーの探し方

知らない人とシェアハウスするのは不安だという人は、友人に当たるのがベストです。
実際にシェアハウスする人も、友人とシェアハウスすることが多いようです。

大学生であれば、同じ高校から同じ地域の大学へ行くことになった友人同士や、引っ越しのタイミングが重なった友人を誘ってシェアハウスするという流れがあります。

実は、今ではシェアハウスの相方探し専用のサイトがあります。
そのに行けば、自分の条件を入力するだけでそれに合う人のプロフィールを見ることができます。
実際にこのようなマッチングによって見知らぬ人とシェアハウスすることになってうまくいった人、うまくいかなかった人がいますので、みなさんも探すときはよくプロフィールを読むことと、一度食事にでも誘って雰囲気を見てから決めるというのもありだと思います。

留学生と住んで交流する

先ほど少しお話ししましたが、留学生とシェアハウスする人も少数ながらいるようです。
多くの場合、留学生は部屋探しに苦労します。
それは、部屋を借りる際に審査があり、留学生でも大丈夫という物件は少ないうえに良質なものを探し当てるのが難しいからです。
そこに一人で住むというのは不安に思っている留学生は多いです。
また、特に中国など地域によってはシェアハウスが普通という考えを持つ国から来ている留学生は常にシェアハウスのパートナーを探しているため、仲良くなれたら声をかけてみましょう。

異なる文化の人と一緒に住むということは簡単ではありません。
いろいろなところで文化の違いによるショックを受けます。
しかし、常に楽な暮らしを求めるのではなく、新鮮で誰も経験できないような暮らしを体験してみる時期があっても良いと私は思います。


この記事をシェアする